アパート経営・不動産投資と私的年金

名古屋で検討中の方
福岡で検討中の方
受付時間/午前 9:00 - 18:00

アパート経営と私的年金

不動産投資の理想をカタチに – 私的年金としてのアパート経営

アパート経営と私的年金

公的年金に代わる財産貯蓄のかたち~私的年金~

年金受給者の数が年金支払者の数を上回る時代がまもなく訪れると言われています。少子高齢化社会が懸念されている昨今、すべての年金受給者に対し、これまでのように十分な年金支給財源の確保ができなくなる可能性が高くなってきています。公的年金だけでは、最低限の生活さえも困難に成り得るのです。ゆとりある老後、安定した将来の生活を考えるのならば、私的年金の確保が給与所得者の最重要課題といえます。

夫婦2人の老後に必要な金額 〜私的年金が重要なわけ〜

減り続ける年金受給金額の推移

厚生年金の平均受給額は、年々減少の一途。
少子高齢化に伴い、今後もこの傾向が更に続くと予想されます。

不足分を補う家賃収入は「第2の年金」

アパートをローンで購入した場合、その大半は家賃収入で賄っていくことになります。そのため、月々の負担はわずかです。ローン完済後はアパートの家賃収入がそのまま私的年金となります。家賃収入はインフレにも強く、長期に渡り受け取ることができます。いわば「第2の年金」であり、効果的な資産運用のひとつです。

一般的な私的年金とアパート経営との違い

私的年金 アパート経営
受領開始年齢 受領開始年齢までは、収益が得られない。 年齢に関わらず、入居者がいれば家賃収入を得ることが可能。
資産 保険料として支払った額以上の金額を受け取れるとは限らず、亡くなると手元に残せるものがない。 入居者がいる間は、自分が亡くなった後でも収益を得ることが可能。
不動産としての資産となり、売却での収益を得ることも可能。
支払い方法 給与等で得た収入から支払う。 アパート建設費のローンは、家賃収入から支払う。
給付期間 [確定型個人年金の場合]
5年、10年等、給付期限が決まっている。
[終身型個人年金の場合]
亡くなるまで支払われるが、保険料はその分高め。
自分の生存に関わらず、入居者がいる間は、家賃収入を得ることが可能。

私的年金にも様々な種類がありますが、アパート経営なら家賃収入を返済の一部にあてることが可能であり、実負担の大きい「他の金融私的年金」とは一線を画します。もちろん併用も可能ですが、「節税効果」を発揮するアパート・マンション経営は、多くの方から支持を得ています。
年金受給時までにローンを完済しておけば、アパートを賃貸することにより不労所得として、毎月の安定収入が楽に入ってきますし、売却しても手元にまとまった現金が残ります。もちろん、それまでの返済は家賃収入と節税でほぼ賄えますので、実負担は少なくて済みます。

ゆとりのある老後には「私的年金」が不可欠!

「ねんきん定期便」をみて年金不安が募るのは当然です。
不足分は自己防衛し、私的年金を「早め」に形成していくことが有効です。

  • 資料請求はこちらから
資料請求する 無料の個別相談をする